小児科一般
ご家族の小さな「気づき」が病気を見つけ出す手掛かりになります

気になったことは遠慮なくお話し下さい。まずはお話を聞き、症状を確かめます。
診察の結果、専門医の診断が必要な場合や至急の検査が必要と考えられる場合は、
その症状に則した専門医を紹介いたします。当院では紹介先で重複すると予想されるお子様に負担となる検査・処置は施行いたしません

発熱・せき・鼻水・のどの痛み・頭痛・腹痛・嘔吐 下痢・発疹・気管支喘息・アトピー性皮膚炎 食物アレルギー・花粉症などのアレルギー疾患・その他

《当院で可能な検査》

鼻吸引(自宅にて継続希望の場合*)

血液検査(外注)、尿検査(定性および沈渣:顕微鏡による評価)、

心電図、迅速検査:インフルエンザウイルス・アデノウイルス・RSウイルス・溶連菌

便培養検査 便潜血検査

《当院で可能な検査》

【鼻吸引について】  

子供は様々な原因でよく鼻水が増えます。
子供は耳管と呼ばれる耳(中耳)と鼻をつなぐ管の長さが短いため、鼻の奥に細菌が増えると中耳炎になりやすい状態になります。
中耳炎は急性中耳炎(細菌による中耳の炎症)と滲出性中耳炎(中耳に水がたまった状態)の2種類がありますが、いずれも鼻の奥を清潔にして空気の通りをよくする=鼻をかむことが 大切になります。しかし小さなお子さんは自分で鼻をかむことができません。
病院で鼻吸引をしてもらっても、1回鼻をかんだのと同じなので、またすぐにたまってしまいます。
家で繰り返し吸引して、できるだけすっきりした状態を維持することが必要になります。
しかし市販の鼻吸引器は安全性に考慮してあるため、なかなか奥まで吸引することができません。
当院では、鼻のかめない状態でお困りの方に、羊水吸引キットというものをご紹介しています。
生れた直後の赤ちゃんの羊水を吸引に使用するもので、簡単・安全に鼻の奥の吸引をすることが できます。使い方をご説明し購入していただきますので、ご自宅で継続的に使用したいという方は ご相談ください。

ページトップへ

受診ガイドはこちら
予約システム
パソコン・携帯電話からご予約いただけます
携帯・スマホの方
問診票ダウンロード
初診問診票
経過表